鼻頭の毛穴ケア~諦めるのからスタート!?

鼻頭の毛穴は、大きく開いて当たり前の部分です。

詰まり、黒ずみが気になる人は、まず一旦諦めるのが先です。大きな勘違いをしているからです。

実際、毛穴パックや洗顔などにこだわっても、毛穴の目立ち、黒ずみは1~3日で元に戻りますよね?つまりそれじゃダメ。そして繰り返せば余計に悪化します。

鼻頭の毛穴は、顔の中でもちょっと特殊。その特徴を知れば、今までのこだわりを捨てて気軽に目立たなくすることができます。

知ってますか?洗顔じゃ絶対に毛穴掃除はできない

洗顔が重要なんじゃないの?

これが大きな勘違いと悪化原因です。

鼻頭の毛穴に対して、洗顔料や方法にこだわると余計に目立つようになります。

洗顔にしろクレンジングにしろ、確かに毛穴の汚れを除去できます。でもそれは、毛穴の入り口だけ。表面だけです。

いくら頑張って洗顔やクレンジングをしても、絶対に毛穴の奥まで掃除できません。そしてやればやるほど、肌が乾燥して余計に詰まりやすくなります。

洗顔は古い角質を落とせればO.K. それ以上はNG

でも洗顔もクレンジングもちゃんとしないと余計に毛穴が…

もう一度言いますが、毛穴の汚れは表面しか取れません。そして、そこだけ取れていれば十分なんです。

洗顔の役割は、古い角質を落とすことです。

毛穴に詰まっている角栓の大半は古い角質です。それが皮脂や肌の菌と混ざって硬くなっています。

だから、古い角質を残したままにすると、毛穴に入り込んで詰まる原材料となります。なので、古い角質さえ取れていれば十分。それ以上の丁寧な洗顔は無駄で逆効果なんです。

悲劇!毛穴ケアで鼻頭の毛穴が目立ってしまった女性

毛穴の表面しか綺麗にならないと、ずっと詰まりっぱなしでは?

これも大きな勘違いなんです。

鼻頭も頬も毛穴が目立たない人っていますよね。そんな人はさぞかし毛穴が綺麗で詰まっていないんだろうなって思うでしょ?

でも違うんです。

一つエピソードがあります。

毛穴が全く目立たない綺麗な30代女性がいたのですが、ある日、某ブランドの化粧品コーナーで肌診断を受けたんです。

肌水分量も油分も張りもいい数値でした。ところが、マイクロスコープで鼻頭の毛穴を写されて指摘されたのです。

「まだ汚れが詰まっていますね」

それでショックを受けた彼女は、そのブランドの言うがままに商品を購入。洗顔や酵素パウダーや毛穴クレンジングだの美容液だの…

で、結果どうなったかというと、鼻頭の毛穴が目立つようになってきたのです。

そして窓口に相談すると、ケア方法が足りていないのかも。と、また新たな商品を追加購入し、さらに過剰なケアになり、さらにさらに鼻頭の毛穴がパックリと開くように合ったのです。

つまり、誰から見ても毛穴が目立たない綺麗な肌であっても、マイクロスコープで200倍に拡大すれば毛穴が詰まっているのが分かります。100%詰まっていないというのはほぼないのです。

あなたの目標は何でしょうか?

マイクロスコープで見た場合の毛穴状態でしょうか?違いますよね?

あくまで肉眼で見た時。メイクをする時などに目立たなければいいのではないでしょうか?

そして、洗顔や美容液だのにこだわると、このように鼻頭の毛穴は余計に開いてしまうのです。

鼻頭の毛穴はちょっと特殊。だから過剰ケアは逆効果

洗顔も美容液もやり過ぎがダメ…でも適度なケアで本当に毛穴が目立たなくなるの?

というか、それしかやりようがないのです。

毛穴の役割って知っていますか?

主に皮脂を分泌するためです。皮脂分泌は肌のバリア機能に欠かせません。皮脂がないとホコリや紫外線などの刺激をまともに受けてしまい、肌荒れや老化を加速させます。

で、鼻頭はこの点でかなり特殊なんです。

鼻頭って顔のなかで一番肌が突っ張っていますよね?ピンと。

ピンと張っていて薄い鼻頭。皮脂がとどまりにくいのです。

オイリー肌の人でも、頬やおでこはベタベタなのに、鼻頭は意外とそうでもありません。これは分泌される皮脂が頬などに比べてとどまりにくいからです。

さらに鼻頭は顔の中で一番突出しています。

これら条件があるため、鼻頭は皮脂膜不足+位置的に刺激を受けやすい部位なのです。だから鼻頭だけ赤くなったりするのです。

だから、誰でも鼻頭の毛穴は大きく、そして開きやすい状態になっています。

この特徴があるから、洗顔もクレンジングも美容液もがんばってはダメなんです。

鼻頭はそもそも汚くない!軽い洗顔が100%正解

適度なケアってどれくらい?

鼻頭は、

  • 皮脂がとどまりにくい
  • 肌が突っ張っている

という特徴があります。

このため、顔の中では汚れが一番たまりにくくなっています。

洗顔で落とすべき汚れというのは、

  • 古くなった角質
  • 皮脂とホコリなどが混ざってできた汚れ

この2つです。

そもそも鼻頭はこれら汚れが残りにくいので、洗顔時に意識して洗わなくても十分綺麗になります。

適度なケアというのはそれくらいでいいということ。

鼻頭を意識して洗うと…余計に角栓が詰まります

なぜ洗いすぎるとダメなの?

鼻頭の毛穴が目立つ場合、綺麗にしようと意識的に洗ってしまいますよね?するとどうなるのか?

元々汚れが少なく、皮膚も薄いのにしっかり洗顔をする…

洗顔料の成分や手の摩擦は、汚れに対してではなく肌そのものに伝わります。すると、角質層にあるセラミドなどの細胞間脂質が流れ出ます。

特にセラミドは肌水分量そのものの成分。これが減ると肌は一気に乾燥します。

乾燥するとどうなるか?

皮脂がバリア機能を維持していると説明しましたが、それ以上に大事なのが肌水分量なんです。

つまり、鼻頭を意識的に洗顔するとさらにバリア機能が低下します。

しかし肌は水分を増やそうとしても、水分を維持するセラミドがないのでバリア機能を上げられません。でも唯一コントロールできるものがあります。

それが皮脂です。だから鼻頭を意識的に洗顔すると皮脂がもっと出るようになります。つまり余計に詰まりやすくなり、毛穴が押し広げられる結果になるのです。

万能毛穴ケアは肌水分量アップ!というかこれしかない

洗顔は我慢しないとダメなのは分かった…でもこれからどうしていけば??

鼻頭の毛穴が目立つのは、とりあえず気にしないようにしましょう。でないと、また洗顔やクレンジングに力が入ってしまいます。

やるべきことは、毛穴が広がってしまう原因をなくすことです。

だから乾燥を改善することが先決です。

乾燥、つまりセラミド不足の鼻頭は、皮脂が多くでますし、古い角質も出やすくなります。だから毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

今、現に詰まっている汚れ、角栓はどうすればいいのか?

これなんですが、肌水分量が上がってくると柔らかくなってきます。今のあなたの毛穴詰まりは、水分不足で硬くなっています。なので自然に排出されにくくなっています。

う~ん…取れないな~

という鼻の毛穴つまり、角栓は、まず第一に取れやすい状態にする。つまり肌水分量を上げてやることが必要です。

結果、余計な皮脂分泌を抑えられ、古い角質も溜まりにくくなり、詰まり、角栓ができづらくなります。そして、古い詰まり、角栓も水分を得て柔らかくなり、毛穴本来の収縮活動により排出されやすくなり、次第に毛穴が目立ちにくくなっていく…というわけです。

洗顔をかなり軽く+セラミドを増やす!これだけで本当にいい

どうやって肌水分量を上げていけばいいの?

まず洗顔を意識的にやるのはやめましょう。これに尽きます。

説明してきましたが、鼻頭の肌は汚れが残りにくいですし、意識的に洗うとセラミドが簡単に減ってしまいます。

だから、絶対に洗顔にこだわらないことです。超重要。

毛穴がキレイになる洗顔料が人気ですが、あれって洗った後だけでしょ?数日もせずに黒ずみが出てきたり目立ちますよね?結局、目立つ前に洗って誤魔化しているだけで、毛穴の開きは悪化していくんですよ、あれ。

セラミドは減らし過ぎなければ勝手に元に戻ります。

ただ、鼻頭は皮膚そのものが薄いため、なかなか元に戻ってくれません。

なので、セラミドを増やす作用のある成分配合の化粧品や、セラミド自体を補える化粧品を併用するのが早いですね。鼻頭だけでなく、顔全体、体全体にとっていいものなので積極的に使っていってO.K.です。

押し出すケアは肌水分量が上がってからにしたほうがいい

スチームタオル(蒸しタオル)で温めて押し出すケアは?

肌を蒸すことで毛穴が広がるため、毛穴の詰まり、角栓が押し出しやすくなります。

何もせずに押し出すよりは遥かにいいですが、それでも詰まり、角栓自体に水分が増えていない状態だと危険です。

無理に毛穴を押し出すというのは、髪の毛を無理に引っ張って抜くのと大差ないからです。繰り返すと禿げてくるでしょ?それくらい毛穴にダメージが残るということ。

肌水分量を増やすケアをやっていき、結構目立たなくなってきたなあ…というときなら、たまにやるくらいならまだいいでしょう。でもそこまでのケアは本来必要ないようになりますよ。

陥没毛穴は美容クリニックでレーザー治療を

くぼみがある毛穴の場合はどうすればいいの?

ニキビを繰り返すと炎症で真皮層が破壊されます。つまりコラーゲンが減少し、毛穴周囲が落ち込んでしまう陥没毛穴となります。

これを解決するには、減ってしまったコラーゲンを再生するしかありません。美容クリニックでフラクショナルレーザーという、細かくレーザーを繰り返し当てる治療があります。

塗り薬ではレチノール配合のものだったり、注射では特殊なペプチド(FGFなど)で同じ効果を狙います。

ホームケアでは困難ですが、肌水分量を増やすことで毛穴周囲がふっくらとなり結構目立たなくなりますよ。私も陥没毛穴が何個かありますが、肌水分量が上がってからはかなり気にならなくなっています。

表面の黒ずみは気にしなくてよし。毛穴自体の黒さはレーザー治療

黒ずみが取れないのはなぜ?

毛穴の黒ずみには二種類あります。

  • 詰まり、角栓の表面が酸化している
  • 毛穴自体が色素沈着している

このどちらか、もしくは両方です。

1つ目は肌水分量ケアをやっていけば次第に目立たなくなります。

問題は2つ目。

これはいわゆるシミの状態です。

こうなってしまった理由は、角栓を気にしすぎて押し出したりパックで引き出したりしたからです。その際の刺激でメラニンが過剰生成されたためです。

多くの人が意外と知っていないのですが、メラニンは紫外線だけで作られるのではなく、次に摩擦などの物理刺激でも過剰生成されてしまうのです。

美容クリニックでならシミ治療と同じく、黒色にだけ反応するレーザー治療で綺麗になります。

塗り薬ではハイドロキノンが定番ですね。

またホームケアでも、肌水分量を維持することでターンオーバーを整えることができます。余分な色素はターンオーバーにより、垢となって排出されますので、やはり肌水分量ケアは万能と言えますね。

セラミドを増やす薬用コスメ

セラミドを直接補うタイプも有効ですが、それ自体が毛穴を詰まらせやすいデメリットもあります。

その点、セラミドを増やす作用がある医薬部外品成分「ライスパワーエキスNo.11」ならその心配はゼロ。肌水分量を高めつつ、毛穴をスッキリきれいな状態でキープできます。

セラミドを増やす成分開発ブランド

唯一認められているセラミドを増やす作用。それがライスパワーエキスNo.11です。その成分開発メーカーのエイジングケアブランドがRAIZ Repairです。

KOSEの米肌がネット上では人気ですが、その成分はここのものです。中間マージンがない分、実はRAIZのほうがお得。シンプルで有効成分を高濃度で肌に届けることができます。

発酵成分でさらにエイジングケア

ライスパワーエキスNo.11はお米の発酵成分。おなじく大豆や乳酸菌由来のエイジングケア成分を配合し、さらに肌の高まりを追求したのが米肌です。

こちらはクリームに軽快なゲルタイプもラインナップ。定期購入だと4回に1回無料になるサービスが結構お得です。

美容クリニックと同じケアができるドクターズコスメ

美容クリニックではレーザー治療の他に、塗り薬や注射などにより毛穴治療を行います。

その際によく使われるのがグロースファクターやビタミンCなどの美容成分です。

化粧品でもよく配合されていますが、問題なのはほとんど浸透しないこと。この問題をケアしたのがリポソームカプセルという多重層カプセルです。

美容クリニック以上の配合成分

リポソームという非常に浸透性の高い技術を採用している数少ないブランドです。特にクレイ洗顔とビタミンC美容液が毛穴悩みに最適です。

クレイ洗顔は泡立たないタイプ。鼻頭にはサッと馴染ませるだけでちょうどいい洗顔具合になります。角栓が頭を出しているレベルでも大丈夫。ビタミンC美容液は少量付けるだけでO.K. 17時間潤いを閉じ込める化粧水で肌水分も補ってふっくらと見せてくれます。

詰まりを悪化させないスペシャル毛穴ケア

b.glenと同じくリポソームを採用。さらに保湿成分ゼロ配合。FGFなど美容クリニックで使われる美容ペプチドだけの美容液です。

鼻頭にはあれこれ化粧品を付けると角栓、詰まりの原材料になります。その点リルジュなら洗顔後にちょんと付ければスーッと馴染み消えてきます。毛穴を詰まらせず、必要な成分を必要な場所に届けるから毛穴にとっては最高のケアとなります。

肌水分を奪わず毛穴詰まりを予防、解消するクレンジング

乾きやすく、そして詰まり開きやすい鼻頭の毛穴。このケアに最適な洗顔料は何か?というと、メイクをする人なら断然W洗顔不要タイプです。

その中でもメイク落ちが一瞬で終わるもの。これなら肌からセラミドを奪わず、毛穴詰まりも解消しつつ目立たなくさせることができます。

コンシーラーも簡単オフ!でも乾燥させない

鼻頭の毛穴を隠すためにファンデーションやコンシーラーを塗り込んでいるならこれ。オイルタイプでメイク落ちは抜群に早いのに、水と絡むW洗顔不要タイプなので薄い鼻頭を乾燥させません。

オイルは4種類をブレンド。毛穴汚れに適した1種類が汚れも適切に除去し目立たなくしてくれます。また黄色いくすみ原因となる肌ステインも除去。顔全体から水分を奪わずにすばやく透明感あるスッピンに戻してくれます。

鼻頭を痛めずに角栓ケア

鼻頭の詰まりが気になって仕方がなくて、どうしても洗顔に力が入ってしまう人におすすめ。こちらはセラミドなど含水性を多く含んだ特殊なW洗顔不要のクレンジングゲルです。

美容成分、保湿成分で肌と毛穴に潤いを与えつつ、赤ちゃん肌にも使えるこんにゃくスクラブで角栓の頭もしっかり捉えます。あくまでなでるだけですが、通常の洗顔料ではありえないほどスッキリします。なでるだけにとどめれば肌はむしろ潤うほど。頑固な角栓持ちなら検討価値ありです。

黒ずみに明るさを与えるハイドロキノンコスメ

間違った毛穴ケアで起きる毛穴の色素沈着。ターンオーバーを維持する水分維持とともに、最も優れたブライトニング成分とされているハイドロキノンを併せて使うのはとても賢い選択です。

ただしあくまで潤い維持が重要。これを同時に簡単に維持できる以下のようなブランドが適しています。ちなみにハイドロキノンをリポソーム化しているのは、ここともう一社ほど。そしてb.glen社は水分ケアも同時にできる点で有利です。

毛穴ケア+ハイドロキノンはb.glenだけ

リポソーム浸透技術は、浸透性だけではありません。刺激が強くて扱いにくい成分を、じわじわと溶かし出して刺激を抑えることもできます。こちらはそのリポソーム化されたハイドロキノンクリームが手軽に試せるラインです。

毛穴ケアセットとの共通点は洗顔、ビタミンC美容液。こちらはゲルではなくてクリームとなっています。